エメリルヘアオイルの全成分効果と副作用危険度を調べてみました!

この記事ではエメリルヘアオイルの全成分について紹介しています。

エメリルヘアオイルに含まれている全成分と、その副作用危険度を徹底解析!

この記事を読めば、Emerireが非常に安全性の高いヘアオイルだと分かるはずですよ!

成分名 効果 副作用の危険度
水添ポリイソブテン 毛髪をコーティングし、優れた櫛通りとツヤを付与するため、ヘアトリートメントに配合されます。
ジメチコン べたつきが少ないので、髪のキューティクルを整えながら皮膜で保護し、クシ通りを良くします。
ドデカン 植物由来の成分で、ベタつきがなくサラっとした感触や艶を与える成分です。
ミリスチン酸イソプロピル 油っぽい感じを与えることなく、毛髪表面にエモリエント様のツヤを付与します。
シクロペンタシロキサン 撥水性が高く、軽い使用感で揮発性が高く、べたつきを防止し、肌の上での滑りをよくします。
ジメチコノール 品質を安定に保ちます。また髪への吸着が高く、ダメージ部分のパサツキが抑えられます。
γ-ドコサラクトン 菜種由来オイル毛髪補修成分です。加熱することでケラチンのアミノ基と結合する成分です。
カリンエキス 収れん、保湿の効果があり、主に肌あれ防止や肌を整えるといった肌改善目的で使用されます。
ツバキ種子油 エモリエント作用、黄色ブドウ球菌増殖抑制による抗菌作用目的で配合される成分です。
ワサビノキ種子油(モリンガ) ベヘン酸が含まれており、水分とオイルを乳化させ肌に導入してくれるブースターの役目を果たします。
アルガニアスピノサ核油 皮膚弾力性の改善による抗老化作用や、皮膚のバリア機能を回復し水分保持を行う成分です。
アーモンド油 エモリエント効果や保湿効果が高く、乾燥肌や敏感肌に向いていると言われる成分です。
マカデミア種子油 皮膚への浸透性が高く、皮膚とのなじみがよくのびがいいため、ベタつきがなく軽い質感です。
トコフェロール 脂質の抗酸化作用により、肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を防ぐ成分です。
(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー 補修効果が期待できる成分です。少量の添加でツヤを与え、しっとりした感触にします。
ベルガモット果実油 皮脂分泌過多で起こる脂漏性皮膚炎に作用したり、血行促進や抗菌作用などがあります。
セイヨウハッカ油 収れん作用や鎮静作用、冷感(清涼感)作用、抗菌作用、香料の働きなどがあります。
イランイラン花油 精神を高揚させる酢酸ベンジルと、精神を鎮静させる安息香酸ベンジルを含んでいる成分です。
レモン果皮油 余分な皮脂分泌を抑え、皮膚の環境を整えます。 特に脂性の肌や頭皮の方に向いています。
セバシン酸ジエチル 感触が軽く浸透性が良いという性質があります。エモリエント作用があり、保湿効果にも優れています。
様々な水溶性物質を溶かし込むために最も汎用されている溶媒であり、安全性・安定性が高い成分です。
エタノール 殺菌や引き締め効果があります。また、香料や着色剤を溶かし込む溶剤としても使用されます。

※★1個:非常に安全 ★5個:非常に危険 
当サイトの判断基準により算定しています。

 

エメリルヘアオイルには副作用のある危険成分は含まれていないか?

気になり調査してみました。表を見れば分かる通り、エメリルヘアオイルには身体に安全な成分しか使われていないことがわかったんです!

エメリルヘアオイルは、医薬品レベルと同じ水準の国内工場で製造されており、医療機関による安全性テストにも合格しているんです。

それだけ安全性に拘っているので、安心して使用できるヘアオイルなんです。

敏感肌で頭皮や髪への副作用が気になる方でも、エメリルヘアオイルなら安心して使用できるはずですよ♪

エメリルヘアオイルについてもっと知りたい方は、私の使用した口コミ体験談を是非お読みになってみて下さいね。